efoの分析機能を活用


efoを用いて分析していくことによって、最終的な入力フォームのどの部分でユーザーがフォームを離れてしまっているのかを解析し改善していくことが可能になります。efoを用いるとどの項目を入力している時にユーザーがページを離れてしまったかまでわかります。さらには特定の項目をユーザーが入力し終えるまでにどれくらい入力時間がかかってしまったかまで分析することが可能なのです。多くの場合その入力フォームが長くて入力が面倒になってしまったり、必須項目がわかりにくくせっかくある程度入力をしたのに確認画面で嫌になって離脱してしまうということもあります。一度フォームから離脱してしまうと、そのユーザーが戻ってくる可能性は非常に低いです。

多くのユーザーには離脱経験があり、しかも離脱をすれば二度と戻ってこないと考えるべきです。フォームが親切でないことは、その後の機会損失を招く危険性を持っているとも考えられるでしょう。

パソコンこうした状況を分析し改善するためにefoのツールの中には入力支援機能やレポート機能というものが存在しています。入力支援機能がどんなものかというと、きっと多くの人が何らかの形で経験していると思いますが、入力フォームの中で必須入力項目がわかりやすいように背景色が変わっていたり、住所の自動入力ができるように設定されていたりというポイントがあります。

とにかく入力フォームの入力におけるわかりにくさや、入力ミスした際の面倒くささをどのようにサポートできるかが重要になってきます。