efoで集客力アップ


BUY現在多くの商品の販売やサービスの提供はインターネットを通しておこなわれています。どこにいても自由に買い物ができる時代になったということは、どこに住むかに関して以前よりも利便性の面で自由なチョイスができるようになったということにもなります。インターネットを通じて集客をする企業にとってはどのような形で顧客に最終的に申し込んでもらえるかという点を研究するのは有益なことです

あるサイトを訪れてそこで提供されている商品やサービスに興味を持って情報を読み進めていったとしても皆がそのまま最終的な申し込みをするわけではないことは誰でもわかることです。実際のところ8割の確率でユーザーはそのまま申し込みフォームのページを離れてしまうというのです。

企業側からするとこの大半のユーザーのうち少しでも実際に申し込みをしてくれる側に引っ張ることができれば集客大成功ということになるわけです。まずは最終的な申し込みフォームまでユーザーを導き、この申し込みフォームからの離脱率を下げたいわけですが、ここまで来てページを閉じて離れてしまう人はいったいどんなポイントで離脱してしまっているのかを調べなくてはなりません。こうした入力フォームにおける問題を見つけ最適化していける分析機能を持っているのがefoサービスというものです。ちなみにこのefoという言葉は「entry form optimization」の略となっています。