離脱ポイントを探す


efoツールのレポート機能を使用するユーザーがフォームのどの段階で離脱したかはもちろん、エラー項目もレポートの形で一覧表示することが可能です。こうした細かい分析を可能にしているのが設問項目ごとのログ解析機能ですが、これをもとにして入力項目自体を削減したり、逆に追加したりすることによってよりユーザーが入力を完了させやすいフォームの作成を進めていけるというわけです。自分が入力する側になるとよくわかることですが、長々とたくさんの情報を入力しなければいけないと途中で面倒くさくなってしまう可能性が高いです。

パソコンそれで入力フォームにおいては入力する情報をなるべく短くできるように調整していくことが大切です。入力項目自体を減らすと共に、郵便番号検索で住所をある程度まで自動入力にするなど一つの項目の中でユーザーが自分で打ち込まなければならない量を減らすことも関係してきます。また時々半角全角を切り替えて入力しなければいけない項目などがあるかもしれませんが、これを自動で変換されるようにしておくことによってもユーザーがフォームを完了させてくれるようにサポートすることができます。efoの分析機能を活用することによってこうした細かな調整を適時おこなっていくことができます。