離脱ポイントを探す


efoツールのレポート機能を使用するユーザーがフォームのどの段階で離脱したかはもちろん、エラー項目もレポートの形で一覧表示することが可能です。こうした細かい分析を可能にしているのが設問項目ごとのログ解析機能ですが、これをもとにして入力項目自体を削減したり、逆に追加したりすることによってよりユーザーが入力を完了させやすいフォームの作成を進めていけるというわけです。自分が入力する側になるとよくわかることですが、長々とたくさんの情報を入力しなければいけないと途中で面倒くさくなってしまう可能性が高いです。

パソコンそれで入力フォームにおいては入力する情報をなるべく短くできるように調整していくことが大切です。入力項目自体を減らすと共に、郵便番号検索で住所をある程度まで自動入力にするなど一つの項目の中でユーザーが自分で打ち込まなければならない量を減らすことも関係してきます。また時々半角全角を切り替えて入力しなければいけない項目などがあるかもしれませんが、これを自動で変換されるようにしておくことによってもユーザーがフォームを完了させてくれるようにサポートすることができます。efoの分析機能を活用することによってこうした細かな調整を適時おこなっていくことができます。

efoの分析機能を活用


efoを用いて分析していくことによって、最終的な入力フォームのどの部分でユーザーがフォームを離れてしまっているのかを解析し改善していくことが可能になります。efoを用いるとどの項目を入力している時にユーザーがページを離れてしまったかまでわかります。さらには特定の項目をユーザーが入力し終えるまでにどれくらい入力時間がかかってしまったかまで分析することが可能なのです。多くの場合その入力フォームが長くて入力が面倒になってしまったり、必須項目がわかりにくくせっかくある程度入力をしたのに確認画面で嫌になって離脱してしまうということもあります。一度フォームから離脱してしまうと、そのユーザーが戻ってくる可能性は非常に低いです。

多くのユーザーには離脱経験があり、しかも離脱をすれば二度と戻ってこないと考えるべきです。フォームが親切でないことは、その後の機会損失を招く危険性を持っているとも考えられるでしょう。

パソコンこうした状況を分析し改善するためにefoのツールの中には入力支援機能やレポート機能というものが存在しています。入力支援機能がどんなものかというと、きっと多くの人が何らかの形で経験していると思いますが、入力フォームの中で必須入力項目がわかりやすいように背景色が変わっていたり、住所の自動入力ができるように設定されていたりというポイントがあります。

とにかく入力フォームの入力におけるわかりにくさや、入力ミスした際の面倒くささをどのようにサポートできるかが重要になってきます。

efoで集客力アップ


BUY現在多くの商品の販売やサービスの提供はインターネットを通しておこなわれています。どこにいても自由に買い物ができる時代になったということは、どこに住むかに関して以前よりも利便性の面で自由なチョイスができるようになったということにもなります。インターネットを通じて集客をする企業にとってはどのような形で顧客に最終的に申し込んでもらえるかという点を研究するのは有益なことです

あるサイトを訪れてそこで提供されている商品やサービスに興味を持って情報を読み進めていったとしても皆がそのまま最終的な申し込みをするわけではないことは誰でもわかることです。実際のところ8割の確率でユーザーはそのまま申し込みフォームのページを離れてしまうというのです。

企業側からするとこの大半のユーザーのうち少しでも実際に申し込みをしてくれる側に引っ張ることができれば集客大成功ということになるわけです。まずは最終的な申し込みフォームまでユーザーを導き、この申し込みフォームからの離脱率を下げたいわけですが、ここまで来てページを閉じて離れてしまう人はいったいどんなポイントで離脱してしまっているのかを調べなくてはなりません。こうした入力フォームにおける問題を見つけ最適化していける分析機能を持っているのがefoサービスというものです。ちなみにこのefoという言葉は「entry form optimization」の略となっています。